より多くの損害金の授受は

男女

弁護士の腕の見せ所

離婚の時に大きな問題となることの一つが慰謝料です。慰謝料とは、精神的な損害に対して支払われます。通常は、立場が弱い側に受け取る権利が生じます。離婚の際の慰謝料についても、浮気や家庭内暴力などの重大な被害に対して支払いが決定されます。その慰謝料について、離婚裁判の都度争いが起こります。請求者側が甚大な被害を被っている場合は、その損害金も膨れ上がります。しかし、精神的な損害について、客観的に推し量るのが難しい場合、弁護士の手腕によって額が上下します。慰謝料を請求する側と請求される側の弁護士の話し合いでは、どこで折り合いをつけるかが問題となります。請求を行う側が、結婚生活においての苦痛を具体的に記録していれば、請求者にとって有利に事が運ぶことでしょう。しかし、多くの場合、そのような記録は残されていません。そのような状態で精神的な損害を証明するのは困難です。それでも、腕利きの弁護士は、時系列を整理して聞き取りを行います。そして、離婚裁判に臨む際には、整合性のある弁護を実践します。その手腕に長けた弁護士が後ろ盾になれば、より高額な慰謝料が受け取れることになります。離婚問題に力を入れている弁護士の多くが、このスキルを有しています。離婚を申し立てて慰謝料を請求したいのであれば、その方面の実績がある弁護士を選ぶことが重要です。離婚相談の早段階で慰謝料についても聞いてみることです。離婚問題を数多く手掛けている弁護士であれば、慰謝料についても具体的な数字を示してくれます。

Copyright© 2017 信頼できる弁護士を探そう【優良事務所を見極めるコツを伝授】 All Rights Reserved.