企業を支える士業

メンズ

企業を根本から支えます

企業には様々な部署があり、それぞれが適切に機能することによって経営が支えられています。とりわけどんな企業にも必要不可欠な部署として経理があり、企業を出入りするお金を管理する役割を担っています。経理の仕事が上手く回らなければ企業のお金も上手く出入りしなくなり、いわば人間の血液が上手く回らない状態に陥ってしまうので、結果的には死(倒産)に至ってしまいます。そのため、経理の仕事を上手く回していくためには、様々な知識や経験を得たり、専門家と連携を図ったりすることが非常に重要となります。そこで知っておくと便利なのが、企業を資金面から支えてくれる士業の役割です。該当するものとしては、公認会計士や税理士、ファイナンシャルプランナーや中小企業診断士などが挙げられます。これらは、それぞれ専門とする業務の内容や適用すべき規則などは異なりますが、先述した通り企業を主に資金面からサポートする役割を担うことには変わりありません。たとえば、公認会計士は企業の監査を独占業務としながらも、企業の会計や経理、時にはコンサルティング業務も行います。また、税理士は法人から個人商店まで、税金の申告や記帳代行、節税のアドバイスや計算の方法など、税金に関するありとあらゆる業務をサポートしてくれます。これら士業の役割を把握しておくことで、万が一の場合に提携したり、アドバイスを得たりすることによって、企業の経理に関する業務をより効率的に行うことが可能となります。

Copyright© 2017 信頼できる弁護士を探そう【優良事務所を見極めるコツを伝授】 All Rights Reserved.